東京都練馬区の外壁塗装・塗り替え・防水工事のワタナベ・テクニカル株式会社

屋上防水工事の完成(下地処理からウレタン防水通気緩衝工法作業完了まで)

前回は、手すり壁や鉄扉等の塗装工事をご紹介しました。

今回は、屋上防水の作業をご紹介します。

まずは、既存の伸縮目地の撤去および

バッカ―+ウレタンシール打ち処理を行います。

ポイント

伸縮目地:保護モルタルの亀裂の防止のために作る目地です。

その後、カチオン系樹脂モルタルを全面に扱き込み、

下地を強化するとともに、これから行う防水層との接着性を良くします。

今回使用する防水材料です。

今回使用する防水材料です。

伸縮目地の処理作業後。

伸縮目地の処理作業後。

カチオン系樹脂モルタルの扱き込み作業。

カチオン系樹脂モルタルの扱き込み作業。

 

また、防水には重要な「シームレス」を作り上げるために

ドレン(排水口)部分の処理も重要な作業です。

既存の金物のカバーを外し、

改修用ドレンを取り付けます。

ドレン部金物施工前。

ドレン部金物施工前。

ドレン部金物撤去作業。

ドレン部金物撤去作業。

改修用ドレン設置作業。

改修用ドレン設置作業。

改修用ドレンは、

鉛の板に塩ビ製のジャバラのパイプが接続されているものです。

 

なぜ、この改修ドレンを設置する必要があるのかというと、

雨樋の切り口と屋上躯体との接続部分が、

経年の劣化により接続不良となり、そこから漏水の危険があるためです。

そこで排水口から雨樋の中ごろまで連続したジャバラ管を通してしまい

雨水等が接続部分を通らないようにするのです。

ドレン部の完成写真。

ドレン部の完成写真。

 

次は、床面に「通気緩衝用のマット」を敷き込みます。

通気緩衝用マット敷き作業。

通気緩衝用マット敷き作業。

マットを敷き終わりましたら

専用扱き材にて、マットの上を扱き込みます。

マットへの扱き込み作業完了。

マットへの扱き込み作業完了。

これで、下地との付着が強化されました。

 

そのあとは、脱気等の設置です。

ポイント

脱気等は、どこに取り付けれは良いのでしょうか?

取り付ける位置は、水上で、既存目地の交差している部分が理想です。

そこに設置することで、躯体下に滞留している湿気が

脱気等からうまく抜けてくれるようになります。

脱気等の取り付け位置のマーキング。

脱気等の取り付け位置のマーキング。

前の工程の扱き込み作業の前に

取り付ける位置に印をしておきます。

扱く時に、そこをつぶさないようにして

扱き込み作業が終わった後に穴をあけます。

 

そして、取り付けます。

脱気等の取り付け作業。

脱気等の取り付け作業。

 

脱気等を取り付けた後の処理を次に行います。

メッシュシートを筒の円形分くりぬき

コーキングでしごき、貼り付けます。

メッシュシートを置きます。

メッシュシートを置きます。

コーキングの打ち込み。

コーキングの打ち込み。

使用した「速乾性コーキング材」

使用した「速乾性コーキング材」

そして、扱き込みます。

そして、扱き込みます。

脱気等取り付けの完成です。

脱気等取り付けの完成です。

 

そして、ほかの細かい部分の処理をご紹介。

まずは、手すり壁のモルタル製笠木部分。

床面と同じように、カチオン系樹脂モルタルを塗りこんで

次に、メッシュシートを貼ります。

笠木のように塗幅の狭い部分は、直に防水材を塗り込むと流れてしまう恐れがあるために、

しっかりとした厚みの確保ができない可能性がありましたので、

今回は、このような下処置を行いました。

そして、防水材を塗込みます。

メッシュシート貼り。

メッシュシート貼り。

防水材をたっぷりと配ります。

防水材をたっぷりと配ります。

ヘラで均します。

ヘラで均します。

上記防水層の塗りを2回行い、

トップコートを塗布して、笠木の部分は完了となります。

 

次は、床面端部(入隅部)処理につてです。

ほかのブログでもご紹介していますが、

入隅部分は、防水層の肉厚を確保と増強の目的で

ウレタンシールを打ち込みます。

また、シール打ちの前には、メッシュシートを貼り込みます。

入隅部のメッシュシート貼りとシール打ち。

入隅部のメッシュシート貼りとシール打ち。

 

そのあとに、笠木と同じように

ウレタン2層+トップコート塗布を行い

防水工事の完了となります。

ウレタン防水1層目の塗り込み作業。

ウレタン防水1層目の塗り込み作業。

 

※今回は、下地の暴れが大きかったために。

 再度、もう1層ウレタン防水層を流し込みました。

 そのために、通常より厚みのある防水層となりました。

防水層のコテ流しのべ作業。

防水層のコテ流しのべ作業。

 

施工前の写真 ↓

施工前 ①

施工前 ①

防水工事  施工前 ②

防水工事 施工前 ②

施工後の写真 ↓

塗装・防水工事  施工後 ①

塗装・防水工事 施工後 ①

塗装・防水工事 施工後 ②

塗装・防水工事 施工後 ②

塗装・防水工事 施工後 ③

塗装・防水工事 施工後 ③

 

棟屋陸屋根防水工事 施工後

棟屋陸屋根防水工事 施工後

 

お客様には、大変喜んでいただきました。

この時が一番私どものうれしいときです。

作業にかかわったみなさん

本当にご苦労様でした。

 

今回の防水工事の工程見本板を掲載します。

AV-KK50T仕様

AV-KK50T仕様

 

コメント

コメントを受け付けておりません。