東京都練馬区の外壁塗装・塗り替え・防水工事のワタナベ・テクニカル株式会社

浴室から隣接廊下への漏水補修工事

 

いつもお世話になっておりますN様より賃貸中のお部屋で、

上記のような漏水があるので見てほしいとのお電話がありました。

N様からは、3年程前にホームページからのご依頼で

屋上・ルーフバルコニーの防水(ジェットスプレー工法)工事や

外壁タイル目地のシール打ち替え工事などをご依頼いただいています。

 

建物は、RC(鉄筋コンクリート)造で、3階建てです。

現場のお部屋は2階ですが、

現在は階下(1階)への漏水は無いようです。

浴室は壁面と床がタイル貼り仕上げとなっております。

よくホテルなどにある造りと一緒で

浴槽内でシャワーを使用するタイプです。

浴槽の状況

浴槽の状況

 

この浴室を使用した時に、

隣接する廊下へ漏水するとのことでした。

通常浴槽の下のスラブや躯体の壁面には

防水処理がされているはずですので

ココで漏水した水は止まるはずなのですが

漏れるということは、

たぶん防水層が切れてしまっているのでしょう。

給水関係の漏れであれば、常に漏水しているはずですので、

今回の漏水の原因として考えられることは

排水の関係ではないかと推測できます。

これを完全に処理するには、

浴槽を取り外して、配管の修繕を行い

防水を再度行うしかありませんが

今回は、住まわれている方もいらっしゃいますので

大がかりな工事が出来ないということですので

廊下側からの止水処理を行うことになりました。

 

まずは、漏水が確認できる部位の壁面を少しずつはがしていきます。

漏水している廊下(右側が浴室です)

漏水している廊下(右側が浴室です)

GL貼りのプラスターボードを少しずつはがしていきます。

GL貼りのプラスターボードを少しずつはがしていきます。

ボードをはがしていくと、躯体壁が濡れている部分が表れてきました。

ボードをはがしていくと、躯体壁が濡れている部分が表れてきました。

躯体壁が濡れている部分

躯体壁が濡れている部分

この部分は、コンクリートスラブ(床)と

コンクリート壁との打継の部位で

少しの隙間が開いているものと判断し

ここへ、止水材を注入します。

まず、ドリルで役10センチピッチで5か所穴をあけ

ここへ注入します。

止水材(ポリグラウトM2)

止水材(ポリグラウトM2)

この止水材は、水と出会うと化学反応を起こし

ゲル化(ゼリー状に固形化する)して

水が通る道を塞ぎ止水します。

水と反応すると、

茶褐色の止水材が、白く変色します。

※ただ、この処理を行っても、

ほかの弱い部分へ水が流れてしまう事もありますので、

100%の止水効果は保証はできません。

 

止水処理の後は、壁を完全に復旧せずに

後で点検できるように、扉をつけて作業は終了となります。

点検用扉の取り付け完了

点検用扉の取り付け完了

点検用扉の取り付け完了(2)

点検用扉の取り付け完了(2)

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。