外壁塗装・塗り替え・防水工事の施工実績の専門ページです。防水 埼玉県新座市栄 A様邸 〜 外壁塗装・屋根リフォーム(ガルバリューム鋼板被せ工法)。

リフォームに関するお問い合わせは フリーダイヤル0120-72-1030

施工実績トップへ
防水
の施工実績

<< 施工実績TOPに戻る

施工事例写真1

施工内容 外壁塗装・屋根リフォーム(ガルバリューム鋼板被せ工法)
建物種別 木造在来工法 2階建て
住所 埼玉県新座市栄
施主・建物名 A様邸
工事時期 平成17年5月
施工blog
『施工の流れ』の写真をクリックすると画像が拡大致します。

外壁塗装・屋根リフォーム(ガルバリューム鋼板被せ工法)を行いました。

今回の工事は、現場調査時に屋根の状態が

屋根塗装では難しいと判断をさせていただきまして、

ガルバリューム鋼板の被せ工法を行うことになりました。

屋根は、建物の中で一番環境が悪い場所です。

天気の日は、直射日光をまともに浴びて、

雨の日や雪の日も直接降り注がれます。

新築から12年ごろまでには、屋根塗装を行ってほしい部位です。

また、木部に関しましても場所によっては

5年程度で腐食が始まり、10年経つと

その部位を交換しなければならなくなる場合もあります。

今回のA様邸も、数か所の木部(戸走り)を交換しています。

※ヒノキ材にて加工して交換しました。

こうゆう状態になる前に、一度確認をされてみてください。

 

施工事例写真2

外壁等塗り替え前 全景。

施工事例写真3

屋根リフォーム前の状態。

施工事例写真4

屋根のガルバリューム鋼板被せ葺き作業中。

施工事例写真5

腐食した木部(戸走り)の交換後。

施工事例写真6

ポリカーボネイトの波板の交換。

施工事例写真7

ベランダのウレタン防水密着工法作業。


事例の詳細を見る

ページの先頭へ

施工事例写真1

施工内容 RC造 賃貸マンション大規模修繕工事
建物種別 RC造 4階建て 賃貸マンション
住所 東京都板橋区大山町
施主・建物名 Zマンション様
工事時期 平成17年10月
施工blog
『施工の流れ』の写真をクリックすると画像が拡大致します。

RC造 賃貸マンション大規模修繕工事を行いました.

この物件の大規模修繕の中で、

お伝えしたい工種は、屋上防水です.

既存の防水は、アスファルトシート防水.

今回は、この既設の防水層を全撤去しました.

その後の新設防水の仕様は、

ウレタン塗膜防水通気緩衝工法が採用されました.

その理由は、アスファルト防水層の下に、

かなりの水分(湿気)が存在していて

この状態での上へのかぶせ工法では、

水分の滞留の危険があるためでした.

 

そのほかの工事は、

一般的な大規模修繕工事と同様です.

外壁タイル面:各下地補修(爆裂、欠損、ひび割れ部等の処理)

       タイルの補修貼り+薬品洗浄+浸透性吸水防止材の塗布

塗装(吹付け)面:各下地処理(上記と同様)

         下塗り、中塗り、上塗り ※軒天井は、基本2回塗り.

玄関、窓などの開口部廻り等:シール打ち替え工事.

ベランダ床:ウレタン塗膜防水密着工法.

各鉄部:ケレン、さび止め、中塗り、上塗り

避難ハッチ:腐食が進んでいるために、ステンレス製のカバー工法にて改修.

そのほか、建築雑工事、クリーニング工事 等となります.

 

施工事例写真2

屋上の既存防水:アスファルト防水.

施工事例写真3

屋上の新規防水:ウレタン塗膜防水通気緩衝工法.

施工事例写真4

建物全景施工前.

施工事例写真5

解放廊下施工前.

施工事例写真6

解放廊下施工後.

施工事例写真7

外壁タイル面:浸透性吸水防止材 アクアシールを使用.


事例の詳細を見る

ページの先頭へ

施工事例写真1

施工内容 木造サイディング貼り住宅の塗装(塗り替え)工事
建物種別 木造2階建て サイディング貼り
住所 埼玉県所沢市
施主・建物名 M様邸
工事時期 平成17年11月
施工blog
『施工の流れ』の写真をクリックすると画像が拡大致します。

木造サイディング貼り住宅の塗装(塗り替え)工事をご紹介します。

外壁がサイディング貼りの場合の重要な点は、シールの状態になります。

今回のM様邸の場合は、築7年目に入った時期ですが、

すでに、目地部等のシール材がサイディングよりはがれていました。

新築時のシール材は、表し仕上げとなりますので、

弾力性があり、耐候性のよいサイディング用の専用材を使用することが重要です。

また、シールを打ちこむときには、「ボンドブレーカー」などを使用して、

2面接着にすることが重要となります。

※ボンドブレーカーとは、目地の底面に貼りつけるテープ等のことを言います.

 これは、シールの付着力を低下させ、目地の両サイドへの接着のみでシール打ちを完成させます.

 この2面接着により、シールの弾性力を十分に発揮させ、建物の動きついていけるようになります.

今回使用されているものは、変性シリコーン系のものの様でした。

※状況にもよりますが、5年程度の耐候性と考えます。

シール材のはがれは、単純にシール材の性能以外の原因もあります。

M様邸では、外壁のサイディング材自体がに破断(ひび割れ)の症状も見られ、

地震などによる、建物の動きなどで破断したと思われます。

今回の塗装の仕様は、

①屋根・外壁とも高圧洗浄を行います。

②既存のシール材を撤去して、ボンドブレーカーの有無を確認して、

 ポリウレタン系のノンブリードタイプ(汚れが付着しにくいタイプ)シールを打ちこみます。

④そのほか、外壁等の破断部分、釘頭部分 等にも処理をします。

 この時に、サイディングの状態を確認して、浮き等がある場合は直します。

⑤各鉄部をケレン、さび止め塗布を行います。

⑥屋根・外壁ともにシーラー(下塗り)を塗布します。

⑦屋根・外壁ともに中塗り、上塗りを行います。

 今回は、シリコン樹脂塗料を使用しました。

⑧既存のベランダの床がFRP防水でしたので、

 下地処理を行い、再防水を行いました。

 

 

施工事例写真2

施工前全景.

施工事例写真3

足場かけ完了.

施工事例写真4

既存のシールの状況.

施工事例写真5

シール材の撤去作業.ボンドブレーカーがありました.

施工事例写真6

既存FRP防水の確認作業.

施工事例写真7

工事完了後の全景.


事例の詳細を見る

ページの先頭へ

ページの先頭へ



より大きな地図でワタナベ・テクニカル株式会社を表示

Copyright © 2007-2021 Watanabe-technical co.ltd. All rights reserved.