外壁塗装・塗り替え・防水工事の施工実績の専門ページです。大規模修繕 東京都豊島区長崎 S(賃貸)マンション様 ~ 大規模修繕工事(下地補修工事)。

リフォームに関するお問い合わせは フリーダイヤル0120-72-1030

施工実績トップへ
大規模修繕
の施工実績

<< 施工実績TOPに戻る

施工事例写真1

施工内容 賃貸マンション 大規模修繕工事(下地補修工事)
建物種別 RC造5階建て(1階駐車場)
住所 東京都豊島区長崎
施主・建物名 Sマンション様
工事時期 平成17年5月
施工blog
『施工の流れ』の写真をクリックすると画像が拡大致します。

大規模修繕工事の中の下地補修工事をご紹介します。

マンション等の大規模修繕では

必ず施工される工種の中で、「下地補修工事」があります。

今回は、この部分をピックアップしてご紹介します。

まずは、写真のように下地調査を行い

補修が必要な部位に「マーキング」を行います。

 

●ひび割れ補修・・・・・樹脂モルタルの擦り込み処理。

         Uカット+清掃、プライマー塗布+樹脂モルタルで埋戻し。

         ※廻りの仕上げに合わせて、パターン調整を行います。

●モルタルの欠損部・・文字通り、壁などのかけてしまっつている部分を

          樹脂モルタルで修復します。

●爆裂の補修・・・・・・・・コンクリート内の鉄筋が腐食してしまい、

          その錆などで廻りコンクリートが酸化して脆弱化します。

          そして、コンクリートの破壊が起こり、肌別れを起こす現象です。

          その脆弱化したコンクリートを斫り取り、欠損補修と同じように

          清掃+、プライマー塗布+防錆処理+樹脂モルタルで埋戻しを行います。

モルタル浮きの補修・・通常は、専用ハンマーで打検査を行い、軽い音した部位が

         コンクリートの仕上げに塗り込んであるモルタルが肌別れしている分で、

         この部位を「モルタルの浮き部分」してマーキングを行います。

         その部位を、振動ドリルで穴をあけます。そして誇りを払って

         エポキシ樹脂を注入し、全ネジピンを挿入します。

         エポキシ樹脂が硬化したら、樹脂モルタルで穴をふさぎます。

         ドリルで穴開け+清掃、エポキシ樹脂注入+全ネジピン挿入+穴を塞ぐ           

●サッシ廻り、外壁麺等の打継ぎ目地・・シール材の打ち換え作業。

         サッシ廻りには、塗装仕上げの場合は「変性シリコーン系」

         (柔軟性に優れています。)を

         外壁がタイル等の表し仕上げの場合は、「ポリサルファイド系」または、

         取り合いの関係で「変性シリコーン系」を使用する場合もあります。

         外壁打継目地などは、外壁が、タイル仕上げで表し仕上げの場合は、

         ポリサルファイド系」(非汚染性に優れています。)を

         塗装仕上げの場合には「ポリウレタン系」を使用します。

           ※「ポリウレタン系」は、シーリング表面の塗装との付着性が良く、

         完全に硬化した後も、手で触ると表面がベタベタしています。

         (これを「タック」と呼びます。)

           工事では、このタックが少ない、ノンブリードタイプ(非汚染タイプ)

         を使用します。

         またメーカーにも寄りますが、「変成シリコーン系」の上に

         塗装をすることも可能です。

         ※よく設備業者さんや内装の鏡・ガラス廻りに使用されている

           「シリコーン系」は、染み出てくる油分に汚れが付着してしまうのと

         塗料との付着性が良くないので、我々の工事ではほとんど使用しません。

大まかには以上の処理を行い、塗装(塗り替え)などの仕上げ工事へと進みます。

施工事例写真2

エポキシ樹脂の注入作業。

施工事例写真3

外壁欠損部の補修。

施工事例写真4

爆裂部の補修作業。

施工事例写真5

ひび割れ部の補修作業。

施工事例写真6

打継目地部とひび割れ部のシール打ち作業。

施工事例写真7

サンダーでのひび割れ部のUカット作業。


事例の詳細を見る

ページの先頭へ

施工事例写真1

施工内容 練馬区立向山小学校 校舎外壁塗装他工事
建物種別 練馬区立向山小学校校舎 RC造3階建て
住所 東京都練馬区向山
施主・建物名 練馬区
工事時期 平成16年8月
施工blog
『施工の流れ』の写真をクリックすると画像が拡大致します。

練馬区立向山小学校校舎外壁塗装他工事を行いました.

今回は、小学校の校舎外壁塗装ほか大規模修繕工事をご紹介します.

 夏休みの短い期間に下記項目の工事を行わなければなりません.

①仮設材(フェンス等)を含む足場組のみ立て工事.

②下地調査の上、外壁ほか各所の下地補修工事.

③各開口部廻り他のシーリング打ち替え工事.

④軒天井の脆弱吹付材(リシン)の全面剥離工事.(超音波剥離工法等使用)

⑤外壁塗装工事(微弾性フィラー2回塗り+水系フッ素樹脂塗料2回塗り仕上げ)

⑥各鉄部の塗装(塗り替え)工事

⑦各雨どい(縦樋)の支持金物を含むすべての交換工事.

⑧給食室陸屋根のゴムシート防水補修+トップコート塗装.

⑨弱電工事(外灯の交換.校内放送システムのスピーカー交換及び配線の引き直し他工事)

⑩各サッシ、ガラス等のクリーニング.

⑪仮設材の撤去.産業廃棄物の処分.

⑫校庭の整地工事.

と、大まかにはこんな振り分けになりますが、

この工事を期日までに完成させるには

各職人(業者)さんや納品業者さん等の関係する人々の協力があってこそできます.

事故が1つも無く工事を完了できたことに、感謝です.

 

施工事例写真2

安全の為の仮囲い施工中.

施工事例写真3

仮設足場他工事

施工事例写真4

下地調査

施工事例写真5

水系フッ素樹脂塗料吹付け仕上げ.

施工事例写真6

既存ゴムシート防水補修の上、トップコート塗装.

施工事例写真7

工事完了校舎全景.


事例の詳細を見る

ページの先頭へ

施工事例写真1

施工内容 マンション大規模修繕工事
建物種別 RC造3階建て
住所 埼玉県所沢市
施主・建物名 コスモスマンション新所沢様
工事時期 平成16年7月
施工blog
『施工の流れ』の写真をクリックすると画像が拡大致します。

マンション大規模修繕工事を行いました。

今回は、賃貸マンションの大規模修繕工事をご紹介します。

RC造の3階建てで、

1階住居2戸+店舗+駐車場

2、3階は、各5世帯 計12世帯 となります。

屋上は、保護モルタルの状態で、アルミ製の笠木か外周をまわっていました。

その中で、笠木が浮き気味の部分があり

仮撤去をしてみると、コンクリートの天端に空洞がみられる状態で、

立ち上がりの寸法の約50mm位と低いので、

今回は、笠木を撤去してしまい、

下地の部分の空洞等を直して、

塩ビシート防水の軽歩行タイプの仕様にしました。

人が歩るく用途にはしていないので、この仕様で10年の漏水保証が出せます。

また、既存笠木の受け金物の緩みもところどころありましたので

シートでかぶせて、端部は金物で仕上げるほうが最適と判断しました。

他、外壁タイル面等は、下地調査を行い

注入、タイルの貼り替え、シールの打ち替え、軒天井や各鉄部等の塗り替えも行いました。

 

施工事例写真2

屋上アルミ笠木/防水下地等調査中

施工事例写真3

屋上:塩ビシート防水仕上げ 1.5mm厚 軽歩行可.

施工事例写真4

ベランダ床面:ウレタン防水密着工法.

施工事例写真5

庇屋根:ウレタン密着工法.

施工事例写真6

外壁タイル面:下地補修+薬品洗浄.

施工事例写真7

貯水タンク:ケレン+プライマー+ウレタン仕上げ.


事例の詳細を見る

ページの先頭へ

ページの先頭へ



より大きな地図でワタナベ・テクニカル株式会社を表示

リフォームに関するお問い合わせは フリーダイヤル0120-72-1030 郵便番号179-0081東京都練馬区北町8-25-16

リフォームに関するお問い合わせは フリーダイヤル0120-72-1030 郵便番号179-0081東京都練馬区北町8-25-16

Copyright © 2007-2013 Watanabe-technical co.ltd. All rights reserved.