東京都練馬区の外壁塗装・塗り替え・防水工事のワタナベ・テクニカル株式会社

下地補修工事を開始しました。

先日より梅雨に入りましたが

一向に雨が降りませんので弊社の作業としては大変たすかっています。

今回は、下地補修と新規防水の下地作業の状況を紹介します。

既存の防水の状況。

既存の防水の状況。

既存の防水の仕様は

ウレタン防水の密着工法ですが、

膨れや、破断等が多くあり、室内に漏水がある状態です。

 

これらの不良防水層を除去します。

既存防水層の除去作業。

既存防水層の除去作業。

脱気盤部の除去作業。

脱気盤部の除去作業。

脱基盤は、防水下の湿気を逃がすためのもので、

ルーフバルコニーなど人が頻繁に歩く場所に

良く取り付けます。 が・・・

「脱気筒」に比べ脱気の効果が低いので

今回は、「脱気筒」を取り付けることにします。

取り付ける数の目安としては、1個/50㎡ となります。

取り付けた脱気筒。

取り付けた脱気筒。

 

脆弱防水膜を除去した後は、

樹脂モルタルで、その部分の補強及び段差調整を行います。

また、外壁や立ち上がり部分と土間(床面)との入隅に

新規防水膜の肉厚を助けるために、ウレタンシールを打ちます。

この結果、入隅部の強度が上がります。

脆弱防水膜部を樹脂モルタルにて補修。

脆弱防水膜部を樹脂モルタルにて補修。

今回の新規防水の仕様は、

ウレタン防水の通気緩衝工法になりますので、

ウレタン防水層の下にマットを敷きます。

下の写真は、そのマットを接着させるための接着剤を塗布しているところです。

マットを接着するために、接着剤を塗布します。

マットを接着するために、接着剤を塗布します。

ウレタン防水通気緩衝工法のマット敷き作業中。

ウレタン防水通気緩衝工法のマット敷き作業中。

マット敷き完了。

マット敷き完了。

よく見ていただくと

このマットには、小さな穴が均等に開いています。

この穴は何のために開いているかといえば・・・、

下の写真をご覧ください。

ウレタン防水コテ塗り作業中。

ウレタン防水コテ塗り作業中。

上の写真は、ウレタン防水の1層目塗布作業中のものですが、

この前に1度、シートの上にしごきこみを行っており

(職人さんの後ろ(写真では、手前部分)が、しごきこみされた層です)

これが、シートの穴をつぶし、下地と一体化させています。

この作業により、防水層がしっかりと付着するようにしています。

 

今回は、ここまでにさせていただきます。

次回は、仕上げのご紹介をします。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。